夢家ハチマンでは、京都の伝統工芸やこだわりの布地を使用した、
最先端トレンドをご提案しています。

手描き京友禅高盛り捺染(特殊発泡プリント)

手描き京友禅高盛り捺染
(特殊発泡プリント)

~友禅染から「京高盛絵」の立体芸術へ~

手描友禅の魅力に、迫力とインパクトをプラスしたのが「京高盛絵」です。
従来の友禅の染料に代わり、独自開発された発泡ウレタンを主原料とする立体塗料を使うことで、絵柄が高く盛り上がります。
これまでの平面による友禅染の表現が、立体塗料という現代の技術によって、3次元の芸術作品へと進化しました。
京高盛絵の制作工程は、手描友禅と同様、すべてが手作業です。京都の友禅絵師たちが一点一点、丁寧に絵柄を描き、色挿しでは立体描画の技を駆使しながら一色一色のせていきます。
立体塗料の色の種類も豊富で、多色で鮮やかな仕上がり。立体部分を細やかに設けるほど、京高盛絵の特徴を活かした作品ができますが、シンプルなデザインにも活き活きとした迫力を与えることができます。

技術提供:株式会社 小さなロマンス

京友禅染め

京友禅染め

京友禅染めは、京都の地域ブランドのひとつで、 京都市及びその周辺地域で生産された友禅染を施した織物及びその友禅染生地。 江戸時代中期に京都の扇絵師・宮崎友禅斉が、自らの画風を取り入れて模様染めの分野に生かし手描友禅を確立した。 明治時代初期には京都の広瀬治助によって、模様を写し取った型紙を使って染める型友禅が開発され、友禅が多くの人に広がっていきました。

「夢家ハチマン」では、主に型友禅を採用しております。

柿渋染め

柿渋染め

柿渋染めは古来より天然の色素として今に伝わっています。その主な用途は壁などの塗料として使われていますが。これを染料化することにより撥水性や補強効果が生まれます。よって、日本では古来より普段着に使用されてまいりました。現代としては天然染料として化学染料では出ない独特の色合いを楽しめます。また、革の天然ナメシとしても使用されてまいりました。

「ハチマン」ブランドではオーガニックコットンを柿渋染めすることにより絶妙の風合いをかもし出しております。

天然藍染めデニム地(ブルージーンズ)

天然藍染めデニム地
(ブルージーンズ)

タテ糸の染めに天然藍(インド藍)をロープ染色機で5回染めしています。 インドをほぼ一周して、発色性・供給力を吟味して、買い付けている天然染料で、 合成インディゴでは出ない藍独特の青味を作り出しています。 その他の本藍デニムは、カセ染めでタテ糸を染めているので、 デニム独特の色落ち感が出ません。(芯まで染まって中白で無いため)

タテヨコ共にストレート糸を使用しているため、 軽い洗い(OW等)ではキレイめになり、ハードな加工や穿き込むことで、ヴィンテージ感が生まれます。 また、ヨコ糸の密度を減らし白場の少ない目の詰まった見え方にしつつソフトな風合いに上げた素材です。

ウェートは13オンス。 メンズデニム定番の重さシャトル織機で織り上げた赤耳の拘りのヴィンテージデニム用素材です。

国産Tシャツ素材

国産Tシャツ素材

「ハチマン」ブランドは日本製の吟味されたテキスタイル素材を使用しております。
特に天然繊維である綿に拘り、ポリウレタンの伸縮糸を入れることにより絶妙の着心地を提供しております。
縫製ももちろん日本で行っております。

オーガニックコットン

オーガニックコットン

オーガニックコットンとは、3年間農薬や化学肥料を使用せずに栽培された農地にて、これらの農薬や化学肥料を使わずに栽培された綿花のことです。通常の綿花の栽培過程で使用されるこれらの成分がほとんど使われていないという点において、オーガニックコットンはは自然に逆らわない農法で多雨蔵れた、地球環境にやさしい線です。ハチマンのコンセプトに「闘うひとをやさしく包む」とありますように積極的にオーガニックコットンを使用しております。

国産(児島)ジーンズ

国産(児島)ジーンズ

「MADE IN JAPAN」のジーンズを作成しております。
それも世界にジーンズの産地として名を轟かせる岡山県倉敷市「児島」のジーンズです。「HACHIMAN」ジーンズとお呼びください。

ONLINE STORE